スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主・石井一議員の自宅から1000万円盗難(読売新聞)

 民主党の石井一・参院議員(75)の神戸市中央区内の自宅から、現金約1000万円が入った金庫が盗まれたとして、石井議員側が兵庫県警生田署に被害届を出していたことがわかった。

 同署は窃盗容疑で捜査している。

 関係者によると、石井議員の家族が、金庫がなくなっているのに気づき、5月下旬、届け出たという。

【ゆうゆうLife】病と生きる ゴルフジャーナリスト・舩越園子さん(46)(産経新聞)
<殺人>40歳の長男が父親刺す 東京・大田区(毎日新聞)
代表動静(6月4日)(時事通信)
医療関連サービス、従来の枠組みでは「成長は望みにくい」(医療介護CBニュース)
患者負担でHIV検査 院内感染防止で聖隷横浜病院(産経新聞)
スポンサーサイト

<辻恵衆院議員>自公が「糾弾する会」発足(毎日新聞)

 民主党の辻恵衆院議員(61)=大阪17区=が東京第1検察審査会に電話をかけ制度の実態などについて説明を求めたことについて自民、公明両党の国会議員が1日、問題を糾弾する会を発足させた。自民の柴山昌彦衆院議員(44)=比例北関東=らが両党の法曹資格を持つ議員に呼び掛け、この日は6人が出席した。

 柴山議員は「司法の独立を脅かす重要な問題」とあいさつ。公明の大口善徳衆院議員(54)=比例東海=は「民主党は、小沢一郎幹事長に不利になることへ過剰反応している。検審への接触もその表れだ」と述べた。会は今後、辻氏へ公開質問状を送ることなどを検討している。

 問題を巡って、辻氏は31日、「一般論を聞きたかっただけで、不適切な行為とは思わない」と報道陣に説明している。【曽田拓】

【関連ニュース】
陸山会事件:辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める
陸山会事件:民主・辻氏、検察審に電話「手続き説明求めた」

「徳之島への訓練移転、島民は反対」=伊藤・鹿児島県知事が発言(時事通信)
公金横領の小中学校職員3人懲戒免…名古屋(読売新聞)
偽装結婚仲介で男逮捕=比人ニューハーフと―福岡県警(時事通信)
<名鉄>特急電車の裏側に子どもも興味津々 でんしゃまつり(毎日新聞)
仮想空間事件 「マルチ人脈」で拡大(毎日新聞)

日本、中国に協力要請へ…安保理新決議(読売新聞)

 韓国海軍哨戒艦の沈没原因が北朝鮮の魚雷攻撃と断定され、政府は北朝鮮への圧力強化を念頭に、韓国、米両政府と緊密に連携して対処する方針だ。

 当面は国連安全保障理事会での新たな制裁決議をにらみ、北朝鮮に影響力を持つ中国に協力を求めていくことにしている。

 岡田外相は21日、来日するクリントン米国務長官と会談し、米国との足並みをそろえたい考えだ。

 岡田外相は20日、外務省で記者団に、「国際社会が一致し対応することが求められている。そういう意味で、国連の場が想定される」と述べた。中国について「共同歩調を取ってもらいたい」と強調。政府は中国を巻き込むことで、「対北朝鮮包囲網」の実効性を高めたい考えだ。北朝鮮のテロ支援国の再指定を米国に要請することも視野に入れている。

普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)
福島社民党首、沖縄知事と会談=普天間「覚書」で打開の動きも―与党(時事通信)
【イタすぎるセレブ達】エマ・ワトソン、英国人青年実業家と破局。遠距離恋愛よりキャンパス・ラブ?
<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)

【ダッファーのつぶやき】論説委員・鹿間孝一 ゴルフは人間性が試される(産経新聞)

 はじめにタイトルについてひと言。ゴルフをする人ならおわかりでしょうが、ダッファーとはダフる(ボールの手前の地面をぶったたく)から転じて、へぼゴルファーの代名詞。英和辞典を引くと、duffer=へたな人、役にたたない人、とあまりいい意味ではありません。つまり、ゴルフ歴5年にして、いまだにスコア100をなかなか切れない私のことなのです。

 なんだ、ゴルフのコラムか、と興味をなくした方もおありでしょうが、ちょっとお待ちください。起源には諸説ありますが、スコットランドの羊飼いが暇つぶしに小石を棒でウサギの穴に転がし入れてから六百有余年。このゲームは、山あり谷あり、喜怒哀楽ありの、思うようにならない人生そのもの。そんなゴルフの断片をお届けします。では、前置きはこれくらいにして、そろそろティーショット。

 先週行われた女子プロゴルフのワールドレディスサロンパスカップで、三塚優子選手がスロープレーで2打のペナルティーを科されたことに「納得できない」と途中棄権した。

 三塚選手は昨年の賞金ランキング5位の若手有望株。地元・茨城県で開催されたメジャー大会だったことから、より慎重なプレーになったのだろうが、裁定にキレての棄権は、いわば職場放棄。本人は自身のブログで「社会人としてとるべきでない行動をとってしまいましたことを深く反省しています」と謝罪したが、日本女子プロゴルフ協会の樋口久子会長は「ルールを守れないなら、(プロゴルファーを)辞めなさい」と厳しく叱責(しつせき)した。

 スロープレーはアマチュアでもよく問題になる。ゴルフ場はどこも「ハーフ(9ホール)2時間半でプレーして下さい」と呼びかけており、前の組が遅くて待たされるのはイライラする。要はルールというよりマナーの問題なのだ。

 それに女子プロゴルフが男子に比べまだ人気のなかったころ、樋口さんらトッププロが奔走してスポンサーを集め、大会を増やして現在の隆盛を築いた。それだけに樋口さんは、三塚選手の身勝手な行動によって、ファンにそっぽを向かれ、スポンサーが離れ、ブームがしぼんでしまうことを危惧(きぐ)したのだろう。

 協会は三塚選手に罰金200万円の処分を下した。本人も2カ月間、試合出場を自粛するという。厳しいようだが、それがゴルフだ。

 一方、米国の男子ツアーでは、プレーオフ(トップに並んだ選手による延長戦)でブライアン・デービス選手がルール違反を自ら申告して2打罰を受け、優勝を逃した。誰も気づいていなかったのに、とそのフェアプレー精神が称賛を浴びた。

 ルールを判定するのは自分自身。あるがままにプレーをし、スコアは自己申告、結果はすべて自己責任。ゴルフはプレーヤーの人間性が試されるゲームである。

【関連記事】
三塚“プッツン棄権”広がる余波!契約会社が広告自粛へ
三塚に罰金200万円、2カ月ツアー自粛
三塚問題、プロゴルファーが慢心を見つめる好機
「私的理由」で棄権…三塚問題の経緯
三塚謝罪も…樋口会長「守れないなら辞めなさい」
少子化を止めろ!

スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞)
死亡ひき逃げ容疑、81歳男逮捕…愛知・半田(読売新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
月内の訪米検討=普天間、国防長官と詰め-防衛相(時事通信)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)

ラブホテルで強殺未遂、容疑の男逮捕 警視庁(産経新聞)

 東京都豊島区のラブホテルで25日深夜、従業員の女性がナイフで刺され金を奪われた事件で、警視庁捜査1課と巣鴨署は30日、強盗殺人未遂容疑で自称、住所不定、無職の頓所(とんしょ)利夫容疑者(67)を逮捕した。同課によると、頓所容疑者は「やったことに間違いありません。食事代がほしかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、25日午前1時半ごろ、豊島区駒込のラブホテル「アルパPARTII」に押し入り、仮眠室で寝ていた従業員の女性(69)のあご付

を果物ナイフで刺して重傷を負わせ、売り上げ金約6万円を奪ったとしている。

 同課によると、頓所容疑者は29日午後7時ごろ、「私が事件をやりました」と荒川署に出頭。所持金は数十円のみで、「(奪った金は)パチンコに使った」と供述しているという。

【関連記事】
ラブホテルで女性殺害か 京都・北区
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区
偽装ラブホ「もしもしピエロ」経営者ら書類送検 大阪府警
「正月迎えよう」ラブホに1人で無銭宿泊 51歳男を逮捕
「売春の温床」低料金レンタルルーム摘発

<連合>小沢氏との蜜月関係に変化 微妙な距離感 (毎日新聞)
茨城で震度3(時事通信)
<皇太子ご一家>静養のため栃木・御料牧場入り(毎日新聞)
未明に住宅全焼、焼け跡に1遺体…1人不明(読売新聞)
児童ポルノ誘導サイトも「有害」、削除要請へ(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。